株式会社保健科学東日本の技術で生活習慣病に取り組む

株式会社保健科学東日本の技術で生活習慣病に取り組む

株式会社保健科学東日本の技術で生活習慣病に取り組む 埼玉県に本社を構える株式会社保健科学東日本。実は圧倒的な検査技術によって人々が抱える健康の課題を解決する企業です。地域医療の発展や健康社会の創造を社会的使命に掲げ、確かな技術と誠意を持ち、現代社会に対して提供しています。

株式会社保健科学東日本が取り組む検査のうち、社会問題の解決に寄与すると考えられるのがメタボリックシンドロームです。恐らく多くの人が耳にしたことがあると思いますが、内臓脂肪がついてしまうことによって起こる諸症状が考えられます。また内臓脂肪が多いことで糖尿病や高血圧、その他循環器系の疾患も懸念されるので実害が生じる前に課題を解消しなければなりません。

株式会社保健科学東日本では、アディポネクチン遺伝子多型検査というメタボリックシンドロームに関する遺伝子検査を実施しています。また循環器疾患関連遺伝子多型検査によって、高血圧に関する症状を早期発見および予防することが可能です。

多くの人が生活習慣病に悩まされている現代社会。株式会社保健科学東日本の技術力によって、このような悩みも解消できるかもしれません。長期にわたって健康でありたいと考える企業様は、ぜひとも同社の検査技術を活用してみてはいかがでしょうか。



病気を予防するための検査をしている保健科学東日本

保健科学東日本の主力事業となっている臨床検査の受託業務以外にも、医療機関からの臨床検査受託を基盤にしながら、医療機関以外にも民間企業や行政などから、リスク回避に伴う食品検査・水質検査・大気検査などの検査業務も行っています。これらの検査以外にも食品取扱者の資格を持っている職員による衛生管理の向上・従業員の衛生意識向上などトータル的サポートのサービスを提供しています。これらの検査やサービスは臨床検査の受託業務とは違った特徴がありますが、環境のことを第一に考えている保健科学東日本だからこそ、多くの人が健康で快適な生活ができるように健診関係の検査や環境に関する検査も行っています。

健診検査の主力業務となっているのが集団検診です。保健科学東日本では特に子供たちの健康を維持するために検査をすることが多いことから学童検診とも言われています。子供たちが毎日楽しく健やかに生活を送るためには日々健康管理を維持しなければいけませんが、学校などの環境を見極めながら、定期的な健康診断を実施して、各種疾病の早期発見・予防を目的として検査を実施しています。子供だけではなくて大人も受けることができる健診で、子供以上に病気になる可能性が高い大人でも、様々な病気の可能性を探るために様々な角度から集団検診を受けることができるようになります。

保健科学東日本で行っている集団検診では主に検便検査と検尿・蟯虫卵検査が行われます。検便検査は幅広く導入されていて、介護事業者や食品製造業者、スーパーマーケット、教育施設、学校行事の文化際・学園際、職場体験、などのイベント等で食品を取扱うときに検便検査をして異常が無いかをチェックします。検尿・蟯虫卵検査は主に学校や保育園や幼稚園などの児童、生徒、園児などの健康状態を把握するときにとても友好的な検査方法です。1年に1回から2回行うことで正確な検査結果を把握することができるようになります。子供から大人まで病気の予防をすることができる検査も幅広く取り扱っています。

保健科学東日本に検査の依頼をするときは最初に依頼をします。手続きが済んだら容器や依頼書が配布されます。検査をしたら検体を保健科学東日本に受領してもらいます。直接営業担当が回収することもできますし、郵送や宅急便で送ることもできます。受領したら検査を開始します。臨床結果で培った技術とノウハウをしっかり活かして検査を実施しますので、確実な検査結果を知ることができるようになります。

保健科学東日本で病気予防

生活習慣病の発生を未然に防ぐことの出来る保健科学東日本をご存じでしょうか。保健科学東日本は、病気の予防や病気の検査が出来る安心安全なサービスが多岐にわたります。生活習慣病は、特に現代人の多くが悩まされている身近な病気のひとつです。生活習慣病になると肥満になったり、いろいろな病気にかかりやすくなります。身近な病気ですぐ治ると思いがちですので、生活習慣病は自然に治るものとして放置する人も少なくはありません。

保健科学東日本では、現代人の一般的な病気でもある、生活習慣病を予防出来るサービスが展開されています。遺伝子検査をすることで、保健科学東日本で生活習慣病の予防や検査をすることができます。保健科学東日本のサービスは、種類が豊富にあります。保健科学東日本のサービスは、他にも一般検査や免疫検査をはじめとして血液学検査や細胞診検査とさまざまです。あまり聞かない生化学検査は、尿や血液に含まれる糖質や脂質の化学的物質を測定・分析するものです。生化学検査は、蛋白や窒素成分検査の他にも、酵素検査、脂質検査、糖関連検査、電解質検査があるのです。最新の自動分析機で測定し、翌日に先生の元に送られるというサービスになっています。

保健科学東日本の検査サービスである血液学検査ですが、血球数算定と凝固系検査が主体のようです。保健科学東日本の一般検査には、主に尿中の成分や濃度を測定するものがあります。尿は、血液と違って痛みがないので非常に検査しやすいのが特徴です。保健科学東日本の一般検査には、尿以外にも寄生虫学的検査や関節液検査があります。関節液検査は、偏光顕微鏡を使って結晶の識別を行い、痛風の指標を素早く見つけることが出来るようになっています。

保健科学東日本では、他にも髄液検査や腹水・胸水検査、精液検査といった人体の検査も種類豊富にあります。保健科学東日本は、こうした健康を維持するための良い検査が多数サービス展開されているのが魅力です。生活習慣病や病気の予防にも効果てきめんのサービスではないでしょうか。高脂血症や糖尿病といった病気や病気の予防が出来る便利なサービス作りがされているのは、大変魅力です。エコ商品も少なくありません。検査はすぐにできるものばかりなので、忙しい時でも手軽にできるようになっているので重宝すること間違い無しです。どのサービスも、地球環境に配慮した便利なものになっています。ぜひ保健科学東日本のサービスを活用してみてはいかがでしょうか。

感染症リスクに取り組む株式会社保健科学東日本

株式会社保健科学東日本は、最新の医療技術を駆使し、健康診断のための各種検査を提供する会社です。生活習慣病や各種感染症の検査ができるのですが、今回は感染症に関する検査についてご紹介します。

2005年、株式会社保健科学東日本は日本大学医学部から技術提供を受け、結核性髄膜炎Nested PCR検査を開始しました。その後、同社独自の技術によって、より受託検査がしやすい形に改良し、新規検査項目に加えています。これによって、結核性髄膜炎の検査が実施しやすくなりました。

ほかにも、株式会社保健科学東日本はノロウイルスに関する検査を実施しています。ノロウイルスは、免疫力の低い子供やお年寄りの場合、死に至る危険性がある重篤な感染症です。同社が提供するノロウイルスRNA検査によって、ヒトからヒトへの感染を予防することができます。

また、院内感染を防ぐ効果もあります。そのため、感染症を防ぎ、安全に医療機関を運営したいと考えるオーナーにもおすすめです。

株式会社保健科学東日本では、感染症に関するさまざまな検査を実施しています。ほかにも最新技術を駆使した性感染症のスクリーニング検査などに対応可能です。感染症予防を考える方は、ぜひ相談してみてください。

〔トピックス〕