株式会社保健科学東日本の技術で生活習慣病に取り組む

株式会社保健科学東日本の技術で生活習慣病に取り組む

株式会社保健科学東日本の技術で生活習慣病に取り組む 埼玉県に本社を構える株式会社保健科学東日本。実は圧倒的な検査技術によって人々が抱える健康の課題を解決する企業です。地域医療の発展や健康社会の創造を社会的使命に掲げ、確かな技術と誠意を持ち、現代社会に対して提供しています。

株式会社保健科学東日本が取り組む検査のうち、社会問題の解決に寄与すると考えられるのがメタボリックシンドロームです。恐らく多くの人が耳にしたことがあると思いますが、内臓脂肪がついてしまうことによって起こる諸症状が考えられます。また内臓脂肪が多いことで糖尿病や高血圧、その他循環器系の疾患も懸念されるので実害が生じる前に課題を解消しなければなりません。

株式会社保健科学東日本では、アディポネクチン遺伝子多型検査というメタボリックシンドロームに関する遺伝子検査を実施しています。また循環器疾患関連遺伝子多型検査によって、高血圧に関する症状を早期発見および予防することが可能です。

多くの人が生活習慣病に悩まされている現代社会。株式会社保健科学東日本の技術力によって、このような悩みも解消できるかもしれません。長期にわたって健康でありたいと考える企業様は、ぜひとも同社の検査技術を活用してみてはいかがでしょうか。



病気を予防するための検査をしている保健科学東日本

保健科学東日本の主力事業となっている臨床検査の受託業務以外にも、医療機関からの臨床検査受託を基盤にしながら、医療機関以外にも民間企業や行政などから、リスク回避に伴う食品検査・水質検査・大気検査などの検査業務も行っています。これらの検査以外にも食品取扱者の資格を持っている職員による衛生管理の向上・従業員の衛生意識向上などトータル的サポートのサービスを提供しています。これらの検査やサービスは臨床検査の受託業務とは違った特徴がありますが、環境のことを第一に考えている保健科学東日本だからこそ、多くの人が健康で快適な生活ができるように健診関係の検査や環境に関する検査も行っています。

健診検査の主力業務となっているのが集団検診です。保健科学東日本では特に子供たちの健康を維持するために検査をすることが多いことから学童検診とも言われています。子供たちが毎日楽しく健やかに生活を送るためには日々健康管理を維持しなければいけませんが、学校などの環境を見極めながら、定期的な健康診断を実施して、各種疾病の早期発見・予防を目的として検査を実施しています。子供だけではなくて大人も受けることができる健診で、子供以上に病気になる可能性が高い大人でも、様々な病気の可能性を探るために様々な角度から集団検診を受けることができるようになります。

保健科学東日本で行っている集団検診では主に検便検査と検尿・蟯虫卵検査が行われます。検便検査は幅広く導入されていて、介護事業者や食品製造業者、スーパーマーケット、教育施設、学校行事の文化際・学園際、職場体験、などのイベント等で食品を取扱うときに検便検査をして異常が無いかをチェックします。検尿・蟯虫卵検査は主に学校や保育園や幼稚園などの児童、生徒、園児などの健康状態を把握するときにとても友好的な検査方法です。1年に1回から2回行うことで正確な検査結果を把握することができるようになります。子供から大人まで病気の予防をすることができる検査も幅広く取り扱っています。

保健科学東日本に検査の依頼をするときは最初に依頼をします。手続きが済んだら容器や依頼書が配布されます。検査をしたら検体を保健科学東日本に受領してもらいます。直接営業担当が回収することもできますし、郵送や宅急便で送ることもできます。受領したら検査を開始します。臨床結果で培った技術とノウハウをしっかり活かして検査を実施しますので、確実な検査結果を知ることができるようになります。

〔トピックス〕