株式会社保健科学東日本の技術で生活習慣病に取り組む

株式会社保健科学東日本の技術で生活習慣病に取り組む

株式会社保健科学東日本の技術で生活習慣病に取り組む 埼玉県に本社を構える株式会社保健科学東日本。実は圧倒的な検査技術によって人々が抱える健康の課題を解決する企業です。地域医療の発展や健康社会の創造を社会的使命に掲げ、確かな技術と誠意を持ち、現代社会に対して提供しています。

株式会社保健科学東日本が取り組む検査のうち、社会問題の解決に寄与すると考えられるのがメタボリックシンドロームです。恐らく多くの人が耳にしたことがあると思いますが、内臓脂肪がついてしまうことによって起こる諸症状が考えられます。また内臓脂肪が多いことで糖尿病や高血圧、その他循環器系の疾患も懸念されるので実害が生じる前に課題を解消しなければなりません。

株式会社保健科学東日本では、アディポネクチン遺伝子多型検査というメタボリックシンドロームに関する遺伝子検査を実施しています。また循環器疾患関連遺伝子多型検査によって、高血圧に関する症状を早期発見および予防することが可能です。

多くの人が生活習慣病に悩まされている現代社会。株式会社保健科学東日本の技術力によって、このような悩みも解消できるかもしれません。長期にわたって健康でありたいと考える企業様は、ぜひとも同社の検査技術を活用してみてはいかがでしょうか。

〔トピックス〕